" /> がんになって治療費が払えないかもと心配する前に知ってほしい公的制度。 - ポジティブ介護士コミティのブログ

がんになって治療費が払えないかもと心配する前に知ってほしい公的制度。

スポンサーリンク
介護の勉強

がんの告知をされた時、それは衝撃的で、経験した本人にしかわからないものです。

体中の血の気が引くような感覚、体の震え、溢れる涙、絶望、様々な感覚が襲ってきます。

誰もがまさか自分がなるなんて、まさかこんなに早くになるなんて、そう思われるでしょう。

その理由の大きなひとつには入院費、治療費の心配があると思います。

ですが必要以上に心配しないでほしいです。

この記事では公的制度を利用し、できる限りの経済的な負担を軽くするための方法を知ることができます。

最初に簡単に自己紹介します。

私は某外資系保険会社に10年勤めておりました。

そして30代では子宮頸がんで、退職した直後には胃がん、子宮がんになり、がん保険の給付を受けました。

しかし幸いにも手術からもう13年経ちますが、元気で暮らし、今は介護施設で介護職をしています。

私の経験から学んだことが少しでも安心材料になればと思います。

経済的負担を軽くする方法

限度額適用認定証を申請する

まずこの限度額適用認定証を申請しましょう!

限度額適用申請証
申請する場所

国民保険の方は市役所、区役所で窓口に印鑑持参で手続きすればすぐに発行してくれます。

会社員や公務員の方は保険証の発行元、組合けんぽや協会けんぽ、共済組合等です。インターネットで申請書をダウンロードし、郵送にて申し込むと1週間程で送ってくれます。

有効期間は申請した月の1日から有効になります。

ですから例え入院前に申請できなかったとしても、入院中に申請すればその月の1日までは遡って有効になります。また病院に限度額適用認定証の申請中と伝えておけば、支払いを待ってくれることもあります。

限度額適用認定証は提示しておけば、高額療養費制度を病院の窓口で先に計算してくれるため、負担限度額以上は請求されません。そのため後日高額療養費制度の返金手続きをする必要はなくなります。

しかし、月が変わってしまうと先月の分には適用されないため、入院前に申請しておいた方がいいです。

1度作ってしまえば1年間有効期間があります。

限度額適用認定書を申請できずに月が変わってしまった場合は、高額療養費制度の手続きをする。

この高額療養費制度はご存じですか?

医療費は収入によって負担限度額が決まっており、限度額以上の医療費は手続きをすれば返金されるようになっています。

高額療養費制度は、窓口で一旦立て替えて支払い、後日手続きをすれば3~4ヶ月後に返金されるものです。

がんの治療のために入院手術した場合の医療費は高額であることが多い

例えば2週間入院して手術した場合、
おおよその相場は100万円で、3割負担の方は30万円になります。
(70歳以下、3割負担の場合)

低所得者(住民税非課税世帯)の方の負担限度額は35400円
年収が370万以下の方で負担限度額は57600円
年収が370万~770万の方で負担限度額は87430円

ただし食事代(1食460円)や個室の差額ベッド代、先進医療費用は全額自己負担になりますので別途支払いは必要になりますので、ご注意下さい。

入院は月初めにする

高額療養費制度の負担限度額は、その月の1日から月末までの負担額になっています。

そのため、入院が2ヶ月にまたぐとそれぞれの月の負担限度額までは支払わなくてはいけません。

同じ入院手術でも、同じ月に入院し退院した場合と、月の途中で入院し退院が次の月になった場合は、負担する医療費が変わってきます。

例えば負担限度額87430円の方が、同じ月に入院退院できた場合は87430円までですみますが、退院が次の月になってしまった場合はそれぞれの月で限度額まで支払わないといけなくなりますので、17万位まで負担限度額が増えてしまうと言うことです。

そのため3割負担で30万支払った後、高額療養費の手続きをしても、返金される金額が全然変わってきてしまいます。

なので、入院費を最小限に留めるようにするのであれば、できるだけ入院は月初めにすることをお勧めします。

病院都合の個室利用は拒否できる

急遽入院の場合にありがちな「大部屋が空いていない」と言う理由で、個室を勧められ、差額ベッド料がかる旨の説明され承諾書にサインを求められることがありますが拒否してくださいね。

そもそも厚生労働省の通知に、大部屋が満床だという理由で個室に入院させた場合は患者様から差額ベッド代をとってはならないことが明記されています。

大部屋が空いていないのは病院の都合であり、患者側には関係のないことなのです。

患者側が希望して個室を利用したい場合のみ、差額ベッド料を請求できます。

病院の言われるままに承諾書にサインしてしまうと、個室を利用したいと意思表示をすることになるので、請求されてしまいますよ。

差額ベッド料は1日1万円以上かかることも多いのですが、こちらはいくらかかっても全額自己負担になり、高額療養制度の対象外なので返金もありません。

なので、大部屋しか空いていないと言われても、個室は希望しないとハッキリと伝え、「ベッドが空くまではどこの科でもいいから大部屋にしてください」とか、「病院都合だったら個室でも差額ベッド代はいりませんよね」と言って下さい。病院側も、この人はわかってると知ればすぐに引き下がるでしょう。

私が入院してた時の同室の患者さんも大部屋が空いてないから個室を勧められましたが、嫌ですと断ると、3日だけ眼科の病棟に入院したけど、その後はすぐに私たちの入院している病棟に移って来られていました。

生活福祉資金貸付制度で借りる方法もある

高額療養費制度の説明をしましたが、あとから戻ってくるとは言え、まとまった金額を病院に立て替えて支払うことが困難な方や、一時的にお金を借りたい方は都道府県が行っている公的な貸し付け制度の生活福祉資金貸付制度があります。

連帯保証人がいれば無利子、いなくても1.5%程度の低金利のため、返済の負担が軽くするため、現在はコロナで困窮された方が生活支援費で利用しているケースも多いです。

利用するには審査がありますが、年収360万以下であれば申請できます。

一時的にお金を借りたい方はこういう公的な貸し付け制度も検討されるとよいかと思います。

銀行よりはずっと金利が安いので。

生活福祉資金貸付制度の
申請場所はあなたの街の
社会福祉協議会

標準負担額減額認定を申請すれば食事代も半額ほどになる(こちらは非課税世帯のみ)

入院中の食事代は1食460円と全国共通で決まっています。

1週間で約1万円近くかかりますので、結構負担になりますよね。

全額自己負担ですので、高額療養費制度の対象外です。

こちらは非課税世帯に限りますが、限度額適用認定証を申請する時に、一緒に標準負担額減額認定証も申請してしまいましょう。

入院中の食事代も1食210円まで下がりますよ。

がん保険やがん特約の加入を確認し、先にもらえる給付金は請求する

がん保険には入っていますか?入っている方はがんと診断されたら、先にもらえる診断給付金がついていることも多いので、すぐに調べて下さい。わからなければ保険会社に連絡して確認すれば大丈夫です。

一般の生命保険にもがん特約や三大疾病の特約等がついている場合、がんと診断されたら先にもらえる給付金がついていることがありますので、こちらも保険会社または担当の営業さんがいたら連絡して確認してください。

がんになった時の大きな心配事はやはりお金のことがあるでしょう。仕事を休むことになるため収入が減ることへの不安もあると思います。

がん保険でもらえる診断給付金は100万円超などまとまった金額がもらえることが多いため、先にもらえると気持ちに余裕が生まれます。もちろん、後で入院給付金と一緒に請求しても、まとめて振り込まれます。

会社員や公務員なら傷病手当金が収入の3分の2もらえる

がんの入院でも、最近は入院が短いケースも多いですが、仕事はしばらく休むことになるかと思います。

休んでいる場合の給料の支払いがない場合は、健康保険から傷病手当金が月給の約3分の2、最長1年6ヶ月までもらえます。

傷病手当金の申請は職場

傷病手当金の条件

4日以上仕事を休んでいること。最初の3日間は待期期間のため手当金はありません。
療養のために仕事ができない。
業務外の病気やケガで療養中であること。
給与の支払いがないこと。

病院内の相談窓口も利用する

比較的大きい病院に入院されることになると思います。

病院内には患者様の相談窓口が設けられているところが多いので、費用の心配や治療の心配等の相談にのってくれます。

一人で悩まず、周りの力を借りてくださいね。

周りの知識を役立ててください。

人生は色々ありますが、乗り越えられない試練はないと思っています。

これからこの状況をただ恨むか、逆に感謝するか、

考え方で運の向きが変わると思います。

できるだけ笑ってナチュラルキラー細胞を活発にして

癌細胞をやっつけて下さい。

どうか人生のターニングポイントになりますように。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました