" /> 高齢者の生活保護の知りたいこと。生活保護もらいながら年金もらえる?老人ホーム入れる? -

高齢者の生活保護の知りたいこと。生活保護もらいながら年金もらえる?老人ホーム入れる?

スポンサーリンク
社会保障制度

世の中、65歳以上の高齢者で、生活保護を受けられている方と、年金だけで苦しい生活している方といるのが現実です。

生活保護を受けれるだけの理由があるのに、申請しない方もたくさんいます。

今回は、生活保護を受けた方がいい高齢者の方に注目して記事を書きました。

Q&A方式で書いてみます。

スポンサーリンク

年金を受け取っていても、生活保護を受給できるの?

年金が最低生活費より下回る場合は、年金を受け取りながら、生活保護を受け取ることは可能です。

ただし、年金の金額を差し引いた分の支給になります。

仕事ができない、国民年金しか入ってこない、または年金がもらえない方などの高齢者は、最低生活費より下回っているので、預貯金がない、他に資産がない、援助してくれる家族がいないのであれば、生活保護の申請をしていただきたいです。

生活保護を受け取るようになると介護費用はどうなる?

生活保護の8つの扶助の中のひとつに介護扶助があります。

通常、介護保険サービスを利用した場合の個人が支払う負担は、費用の1割~3割。

しかし、生活保護を受けている方が、介護サービスを受けるようになると、個人負担はなんとゼロです。

ただし、要介護度によって、支給に限度額がありますので、限度額を超えた分や介護保険適用外のサービスを受けた場合は生活保護の方でも100%実費になります。

介護扶助は現金支給ではありません。

訪問介護やデイサービス、福祉用具レンタル、住宅改修など、それぞれの介護サービスまたは現物支給になっています。

通常、介護サービス費用全体の1割から3割を自己負担するのに対し、介護扶助の自己負担はゼロなのです。

生活保護を受けていても、老人ホームに入れる?

生活保護を受けていても、入居できる老人ホームはあります。

生活保護でも入れる施設
  • 特養
  • 住宅型有料老人ホーム
  • サービス付き高齢者向け住宅
  • 認知症グループホーム

上の施設の中で、個人負担が少ない特養が理想的かも知れませんが、要介護3以上であることや、待機人数が多く、なかなか入居できないこともあります。

そこで特養以外での候補では、住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、グループホームがあります。

もちろん、どこでも入居できるというわけではありませんので、受け入れ可能かどうかは各事業所に確認することになります。

私が以前、働いていた住宅型老人ホームは、生活保護の方が何人か入居されていました。

そしてガイドヘルパーをしていた利用者も、全員生活保護の受給者でした。

有料老人ホーム等では、生活保護受給者の一切の受け入れ不可なところもあれば、上限を設けて受け入れているところもあります。

老人ホームの入居費用はピンからキリなので、生活保護の方が高級老人ホームに入居することは無理ですが、施設での生活費が、生活保護の支給額でおさまれば大丈夫です。

施設に入ってからの家賃住宅扶助食費、光熱費生活扶助介護サービスは介護扶助により負担ゼロなので、入居可能な施設を見つけることができれば、安心して生活できますね。

また入居一時金を取らない事業所もありますので、うまく見つけることができれば、うんとハードルは下がります。

  • 老人ホームの家賃…住宅扶助内でおさまること
  • 食費・光熱費…生活扶助内でおさまること
  • 介護サービス費用…介護扶助で個人負担なし
  • 入居一時金を取らない老人ホームもある

担当のケースワーカーに老人ホームに入りたいと相談すれば、受け入れ可能の施設を知っていますので、まずは相談してみましょう。

スポンサーリンク

別の市区町村の老人ホームに入りたい時はどうする?

子供の近くの老人ホームに入りたい、そう思う高齢者の方も多いでしょう。

今、住んでいる市区町村から、引っ越して、別の市区町村の施設に入りたい場合は、今の担当のケアワーカーに相談し、引っ越し先の福祉事務所のケアワーカーにつなげてもらいましょう。

引っ越し先のケアワーカーに、生活保護でも入居可能な介護施設、老人ホームを紹介してもらうことが一番早いです。

【移管】の手続きが必要になります。

移管…別の市区町村に引っ越しをするとなると、担当の福祉事務所が変わるので、新しい住所への生活保護の受給を引き継ぐ手続きをしないといけません。
基本的に福祉事務所間で、手続きが行われます。

生活保護の扶助の限度額は、各自治体により異なりますので、入居生活費が扶助限度額を超えないようにしないといけません。

また、自治体によっては、生活保護を受けながらの引っ越しを受け入れないところもありますので、必ずケースワーカーに確認することが大切です。

自分たちで、入居できる老人ホームを見つけても、転居先の自治体が生活保護受給中の引っ越しを認めないと言うケースもありますので、必ず事前にケアワーカーに相談してくださいね。

ではまた

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました